メニュー

眼瞼下垂

眼瞼下垂の手術

眼瞼下垂は上瞼を開ける筋肉である、眼瞼挙筋およびミューラー筋の機能低下によるものです。生来よりその機能が低下している先天性と後天的に生じるものに大別できます。
後天性眼瞼下垂としてはコンタクトレンズやアイプチなどの慢性的な外力によるもの、手術などを含めた外傷によるもの、加齢によるものなどがあります。
眼瞼下垂は額の筋肉を使い代償性に眼を開けようとするので、額のしわができやすくなり、頭痛や肩こりなどの不定愁訴の原因になるとも言われています。
また重症例は視野の狭小などで日常生活に困難をきたすこともあります。

近年は加齢性の眼瞼下垂を中心に手術による改善を希望する方が増えています。
手術方法は眼瞼挙筋を縮小したり、その腱膜を瞼板の上端に固定し、容易に眼を開けられるようにします。それでも不十分な場合は自分の筋膜を移植し額の筋肉により眼を開けられるようにします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME