メニュー

巻き爪(フェノール法)

陥入爪o足の爪の端が巻き込んでしまう変形のことです。痛みなどの炎症がなければ治療の必要はありません。

傷みや見た目の問題などで治療する場合は、塗り薬の治療、綿を詰める治療、部分的に爪を抜いてしまう治療などをまず行います。ただ巻き爪の原因の一つに爪の角を短く切りすぎているということがあるため、塗り薬や綿を詰めることで、短くなりすぎた爪をなるべく長くすることを目指します。こうした治療によっても痛みが改善しない場合に、保険の効かない治療である矯正療法や、フェノール法という手術治療を行います。フェノール法の成功率は90-95%程度と言われていますが、糖尿病のある方など、手術をお勧めしない場合があります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME