メニュー

丹毒・蜂窩織炎

とびひよりも皮膚の深いところまで起こるばい菌の感染症で、丹毒では顔に多く片側の皮膚が赤く盛り上がったように腫れます。また蜂窩織炎は膝から下に多く、症状が悪化すると広がっていきます。

いずれも整腸剤を内服しながら抗生剤を用いて治療します。当院では院内の血液検査で重症度を評価することが可能です。入院治療が必要な場合には高次機能病院に紹介することがあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME