メニュー

にきび

にきびw10-30歳代の方の顔や背中、胸に見られることが多く、膿を持ったり赤く腫れたりすることがあります。ホルモンバランス、皮膚の脂、角化の異常、ばい菌の感染に加え、年齢や食事、ストレス、お化粧が関係していると言われています。

治療には、規則正しい生活や食事、お化粧品の見直し、顔の洗い方、お通じを良好に保つなどをしながら、塗り薬を使います。症状に応じて抗生物質の飲み薬を短期間使ったり、ビタミンB2やB6の内服薬を使います。漢方薬で十味敗毒湯を併用することがあります。また保険が効かない治療になりますが、ケミカルピーリングを行うことも有効です。

コンテス・クリーンフォーム200ml(保険適応外) 1,000円(税抜き)
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME