メニュー

巻き爪(爪矯正)

陥入爪o足の爪の端が巻き込んでしまう変形のことです。痛みなどの炎症がなければ治療の必要はありません。

傷みや見た目の問題などで治療する場合は、塗り薬の治療、綿を詰める治療、部分的に爪を抜いてしまう治療などをまず行います。ただ巻き爪の原因の一つに爪の角を短く切りすぎているということがあるため、塗り薬や綿を詰めることで、短くなりすぎた爪をなるべく長くすることを目指します。こうした治療によっても痛みが改善しない場合に、フェノール法という手術治療や、保険の効かない治療である矯正療法を行います。矯正療法では巻いてしまった爪を戻すために、形状記憶合金のワイヤーやクリップを用いた治療を行います。

ワイヤーによる矯正治療(標準的な費用)* 7,700円(税抜き)

*幅の広い爪や分厚い爪などに対応するワイヤーが必要な場合、必要なワイヤーの種類によって別途1,000-2,000円(税抜き)が必要となります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME